2

「こっくりさん」は怖い


- 憑依 (ひょうい) される可能性 -


 みなさんは、こっくりさん という “遊び” を知っていますか?
 こっくりさん を、したことがありますか?

 こっくりさんは、エンジェルさまとかキューピッドさまなどとも呼ばれて、みなさんのお父さんやお母さんが子供の頃、1970年代に、日本の子供たちの間で大流行しました。
 ブームは、だいたい10年以上続いて、その後だんだん人気を失いましたが、今でも、忘れられたわけではありません。
 日本だけではなく、アメリカでは、ウィジャ・ボードという、ようするに“こっくりさん用の板台”が、ゲーム盤として玩具メーカーから発売され、これは大ヒット商品になりました。

 こっくりさんウィジャ・ボードも、その遊び方は、同じようなものです。
 ウィジャ・ボードとして売り出されたゲーム盤には、「Yes(はい)」や「No(いいえ)」という言葉の下に、「A〜Zまでのアルファベット」と、「1〜0までの数字」が印刷されていますが、こっくりさんの場合は、自分で紙に「はい」と「いいえ」、そして「あ」から「ん」のひらがなと「1〜0の数字」を書きます。 その上で、2〜3人が手を握り合って指先をボードに置いたり、十円玉を置いてその上に参加者全員が指をのせたりして、まずはじめに、なんらかの呪文を唱えます。 すると、いつのまにか勝手に指先や、指をのせた十円玉が動き出すので、そこでさまざまな質問をしていきます。

 
 実は、このサイトを作っているも、子供の頃、何度かこっくりさんで遊んだことがあるので、よくわかりますが、数人で指をのせた十円玉は、不思議なことに、面白いほど素早く、軽々と動きます。 そして、こちらの質問に対して、いろいろ答えてくれるのです。 たとえば、「○○さんが好きな人の名前を教えて下さい」などと尋ねるならば、十円玉は、「ひ」、「ろ」、「し」の文字に動いたりします。
 その面白さから、この遊びは、一度あるクラスで流行りはじめると、それはあっと言う間に学校中に広まります。

 こうした、こっくりさんのようなものは、大昔から世界中にありました。
 歴史の記録に残っているものだけでも、古代の中国やギリシャで、さかんに行われており、まさにこれは、死者との交信をするための道具でした。

 しかし、現代のこっくりさんウィジャ・ボードが、なぜ危険だと言われているかというと、それが、たいていの場合、子供だけでおこなわれる遊びだからなのです。

 こっくりさんは、霊を呼び出す遊びです。
 しかし、こんな簡単な遊びで呼び出される霊というのは、非常に低級な霊なのです。 まともな霊や、まして高級な霊は、こんな遊びで呼び出されるということは、絶対にありません。
 低級な霊とは、必ずしも邪悪な霊ではありませんが、いつも人間の近くで、「誰かにいたずらをしてからかってやろう」と思っていたり、人間を困らせて、それを楽みにしていることがあります。 また、中には、自分がもう死んでいることに気がつかず、人間の世界をウロウロさまよっている霊もいて、これらも低級な霊の部類ですが、こうした霊は、自分を相手にしてくれる人がいると、ついフラフラと近くにやってきます。
 
 こっくりさんで遊ぶことの一番危険な点は、こうした低級な霊に、憑依(ひょうい)されてしまうことです。
 わたし達人間は、肉体を、この世を生きる乗り物として使っていますが、その乗り物である肉体に、自分ではない霊が勝手に乗り込んでくることを、憑依と言います。
 本来、わたし達の肉体は、一人乗りの、しかも自分専用の乗り物ですから、自分ではない他の霊にまで乗り込んでこられると、とても面倒で、不愉快なことが起こります。

 これは、こっくりさんで遊んでいる子供に、本当に時々起こることですが、呼び出した低級霊に憑依されて、その途端に、急に性格がガラッと変わってしまったり、凶暴になったりすることがあります。 低級霊に憑依され、肉体が乗っ取られてしまうと、こういうことは実際に起こるのです。
 幸いは、子供の頃にやったこっくりさんで憑依されるようなことはありませんでしたが、それは、たまたま運が良かっただけかもしれません。
 憑依という現象は、実は、誰にでも、簡単に起こるものなのです。

 ですから、「こっくりさん」のような遊びは、決して面白半分にするものではありません。 危険です。



  コラム目次







   

ジュニアのためのスピリチュアリズム入門表紙   Spiritual Cord